悩みのご相談はプロのカウンセラーによる電話カウンセリングサービス「kikiwell(キキウェル)」へ

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

050-3736-3332

受付 8:00~25:00 休業日 年中無休

聞き上手な日々-KIKIWELL OFFICIAL BLOG-

★認知のゆがみ⑨レッテル貼り

2016年1月25日

物事が思い通りにいかない時、ミスを犯した時などに
「自分は敗北者だ」「だめな人間だ」などと自分にネガティブなレッテルを貼ってしまうことをいいます。

レッテル貼りは、過度の一般化が極端な形で現れたものです。
レッテル貼りをすると、マイナスの感情に巻き込まれて
冷静な判断をすることが難しくなります。

うつ病をはじめとする、心の不具合に悩む方がたは
自分自身に対してマイナス評価のレッテル貼りをしてしまい、
更なる抑うつ感や無気力の荒波に呑まれてしまうことが多いものです。

自己破壊的で根拠のない不合理なレッテル貼りは
人間存在の全体的な価値判断を固定的かつ断定的に判断してしまいます。

自分に貼るレッテルは、自己破壊的で抑うつ感を誘発する無意味なものであり、
他者に貼るレッテルは、不必要な反発や敵意を煽り立てて無益な争いや対立に発展することがあります。

人は誰でも「自己像」を持っています。
過度の自責の念に苦しんだり、自己否定が非常に強い場合には
その自己像が適切なものかどうかということについて、専門家に話してみることも良いと思います。

私どものカウンセリングルームでの「レッテル貼り」のイメージは
「ラベルシールにネガティブなタイトルを自分で書き入れ、自分自身や相手に貼るようなもの」です。

ネガティブなことが書かれたラベルシールは、私どもがはがします。
きちんとした理由とともに。