悩みのご相談はプロのカウンセラーによる電話カウンセリングサービス「kikiwell(キキウェル)」へ

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

050-3736-3332

受付 8:00~25:00 休業日 年中無休

聞き上手な日々-KIKIWELL OFFICIAL BLOG-

菊本:情けは人のためならず。

2014-07-29

(株)kikiwell代表の菊本です。

「情けは人のためならず」
子供の頃その言葉を聞いたときには
「情を掛けるとその人が甘えちゃうからだめなんだ」
と理解していた。少し成長してから
「情けを人に掛けるとめぐりめぐって自分に返ってくるから
人に情けを掛けるのは自分のためになる」と聞いた。
子供の頃の理解とは、ぜんぜん違う。

そして
「情けを掛けるということ自体自分が上位なんだから、
人に情けを掛けることは自分の快感につながる」
と理解したときは、まさに目から鱗だった。
人生、目から鱗の5本の指に入るくらいだ。
学生のとき知り合いとこの話で対立したが、
私は“めぐりめぐって自分の所に返ってくる確率”の低さを徹底的についた。
すると彼は、
「返ってくる確率なんか考えないで、人には親切にしておけってことだ」と
若干ずらしてきた。
こうなるとこれ以上が情けで、これ以下は普通と言うようなラインが生まれる。
そのラインも、人によって違う。

親切ならば良いが情けと言うのはもっとウエットに思える。
最終的にその知り合いとはどんな風に話がついたのかは忘れたが、
当時から私は、贈与などと絡めて考えていたから
今でもそう思っており、変えようとも思わない。
多分自分にあっているのだと思う。

相談者の方が、電話でつらいことを話し始めると、
相談を受ける側は、どうにかしてあげたいものだから、
親切にアドバイスなどを始めたりするが、それはこっちの考え。
それを押し付けてどうする。

どうにかしてあげたい気持ちはわかるが、やりすぎなんだな。
私も出来るなら今すぐ状況を変えてあげたいが、
それは、あまりにも上から目線だ。
なんて私ったらひかえめなんでしょ。
取り留めなくなったが、何でも相談して下さい・・・。と言うことだ。

私たちは「話しを聞くプロ」。
上から目線で語ったりなど決してしません。

キキウェルメンタルヘルスサービス
菊本裕三
(2010 年8月7日執筆)

1 / 3123