悩みのご相談はプロのカウンセラーによる電話カウンセリングサービス「kikiwell(キキウェル)」へ

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

050-3736-3332

受付 8:00~25:00 休業日 年中無休

聞き上手な日々-KIKIWELL OFFICIAL BLOG-

菊本:孤独と孤立

2014年3月19日

たまには真面目なことを書こう。

最近の原稿依頼で多いのがコミュニケーションについてだが、
まずは孤独と孤立をちゃんと分けて考えよう。

ザックリ言うと孤独は周りに人がいない。孤立は周りに人はいるが
精神的に一人という状態を指す。

弊社では当然孤立しているクライエントが多い。孤独な人は
自ら孤独になっている人も少なくない。理由はそれぞれだが
人に迷惑をかけたくないというのが一番多い。

孤立している人は自ら進んでそうなる人はいないだろう、
周りに理解されないというのが一番多い理由だ。

しかし、その人とお話をすると、皆さん人間としてとても素敵な人たち
ばかりで、私のほうが恐縮してしまう。

周りが理解できないのが原因だろうと思う。
周りが悪いと言っているのではない。自分が話したいことを
周りが受け止めてくれないのだ。

簡単に言うとあなたが「リカちゃん人形の話」をしたいのに、
周囲は男性ばかりで、そんな話すると引かれちゃうとか、「釣りの話」
をしたいのに「釣りってよくわからないんですよね」と門前払いを食らわされる感じと言えばわかるだろう。

リカちゃんや釣りや遊びの話を例に挙げたが、仕事のアイデア、
企画・・・。全部同じだ。

コミュニケーションなんて人が始めた遊びなのだから、
もう少し周囲が聞く耳を持ってちゃんと受け止めれば仕事場も
もっと楽になりそうなものだが、いかがだろう。

コツとしては全方位的に頭を柔らかくだ。

「私、真面目でふざけたこと考えるのができないんですう」っていう人いるけど、
ちゃんと社会に参加して、人の迷惑をかけず、自分で食っているなら
それだけでちゃんと真面目だろうに。
不真面目な行動をするならともかく、真面目にやっていれば
不真面目なこと考えるくらいいいだろう。

話を戻して、孤独と孤立をちゃんと分けて考えよう。

孤独に釣りに行ってきます。

 

菊本裕三