悩みのご相談はプロのカウンセラーによる電話カウンセリングサービス「kikiwell(キキウェル)」へ

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

050-3736-3332

受付 8:00~25:00 休業日 年中無休

聞き上手な日々-KIKIWELL OFFICIAL BLOG-

【連載7】やったね!ついに初めての電話!

2014-04-03

ホームページを作る・・・。

まさか自分達でこれをやる羽目になるとは・・・。
イチから調べて自分達で作った。でも作っただけではだめで、更新も必要で、思いっきりめんどくさい。
 
まあそれでも何とか公開できるようになり、公開した。
でも、それまで「話し相手サービス」なんて無いから、まるっきり検索に引っかからない。
そして、検索語句に「相談」と入れてみた。
するとどうだろう!・・・まったく電話はならない。
 
そりゃそうだ、グーグルもヤフーも100位以下だから仕方ない。
そこで「電話 うつ病 相談」にしてみた。
このころちょうどマスコミなどで心の病気が取り立たされてきて、それもあってか順位が20位くらいになった。
 
かかってきました!!電話!!
この方は学校の現役の先生。男性で担任のクラスも荒れていて、校長先生からもいろいろ言われ、父兄からもいろいろ言われ・・・。辛そうだった・・・。
 
およそ40分で終了。でもこのとき初回40分は無料だったのだ。
今から考えるとかなり稚拙な傾聴だった。
 
そうしてはじめ2週間で1本の電話が10日で1本、1週間で1本、2日に1本、1日に1本と増えていった。
この頃私と同じ歳の男性と2人でやっていたのだが、かかってくる電話で「女性はいないのですか?」とちょいちょい言われるようになり、女性を引き込もうという話になった。
またこの頃メディアでも鬱のことを取り上げることが多く、カウンセラー資格も取ろうと思った。
 
でもって、どうせなら女性のカウンセラー資格を持っている人にしようということで、知り合いの伝で、現kikiwellのトップカウンセラー、あさくらさんに出会うこととなりました。
 
3人で毎日のようにスカイプや電話でミーティングを重ね、今までの現場で気づいた事、やってみた事を持ち寄って私達独自の聞き方を作り上げて行きました。
この頃は本当によく話し合いをした。そして今私達がマニュアルとして使っているものの原型が出来上がった。
 
でも、このマニュアルといっても、書いてあることは当然のことだったり、わかっていても気をつけなければできないことばかり。普段私達はどれだけ人の話を聞けていなかったのだろうなどとも思ったものだ。
 
そうして電話が増えていくに従い、人を雇わなくてはいけないくらいになった。
だが雇うにしてもちゃんと私達がやってきたことを理解し、踏襲してもらわないと困るから、ちゃんと養成しようということとなり。
第1回目の、カウンセラー養成講座を行うこととなった。・・・。つづく。
 
キキウェルメンタルヘルスサービス
菊本裕三(2011年8月11日執筆)