悩みのご相談はプロのカウンセラーによる電話カウンセリングサービス「kikiwell(キキウェル)」へ

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

050-3736-3332

受付 8:00~25:00 休業日 年中無休

聞き上手な日々-KIKIWELL OFFICIAL BLOG-

【連載13】おまえは裁判官か!

2014年4月27日

今日のお題は【正悪を裁くな】
 
もうこれはそのまま。相手がどんなに悪い事をしていても、それについて良いとか悪いとか裁いてはいけないのだ。
 
悪い事というと殺人とかかなりな事を想像しがちだが、そこまで行かなくても、話の中で「この人本当に良い人だなあ」とか「こいつ意地悪だな」とかそのくらいのレベルで話しを進める。
 
電話で話しているといろいろと相手の事がわかる。「この人本当に良い人だから何とか力になりたい」などと思ってしまうのはいけない、と言う事だ。
良い人でも悪い人でも心は折れるのだからそこに寄り添う事が我々の仕事だ。
 
たとえば電話で話していて、とても良いと思われる人が「私ホストクラブにハマっていて止められないんです」と言ったとする。
すると、今まで話していて「この人凄く良い人だなあ」と思っているから「あなたほどの人がそんなことするなんて、ホストクラブに行く時間にもっと自分の趣味とか好きなことに向ければよいのでは?」と、こう来る。
 
ね?ダメでしょ。
 
いいひとだから親近感見たいのが湧いてつい安易なアドアイスをしたくなる。安易過ぎる!だれにその話しをしても絶対にそう言われると思う。
そこは、どうしても止められない気持ちに寄り添わなければいけないのだ。
 
その人もバカじゃないから、お金が無くなったら止める。借金してまで行ったとしても、頭の中では返済のシュミレーションをしているから大丈夫だ。
 
「それは悪い事だからすぐに止めなさい」などとこちらが裁くことは一つもないのだ。
 
悪い事なんか話すほうは百も承知だ。だから電話してくるのに・・・・。
そのへんの想像力と相手との距離感を誤るとそうなる。
 
病気で寝たきりの母親の看病をしながら小学校5年生の妹を学校に行かせる。その合間に中卒の彼は、大学に行きたいと思っているから猛勉強している。一日があっという間に過ぎる。そんな家族思いで自分の将来の事もちゃんと考えている。時間があればボランティアにも出かける。・・・ここまではパーフェクトに良い人でしょ?
悪い要素が一つもない。彼の頑張りに皆大絶賛だ。
しかし、彼が家族を支えるための収入源は覚せい剤の売買だった。
 
どうなのこれ?良い人なの悪い人なの?
 
キキウェルメンタルヘルスサービス
菊本裕三(2011年9月7日執筆)